認定企業紹介

株式会社デジック

「ダイヤの原石」グラファイトの新たな用途開発

デジックの強み

発電所や製鉄所など高温・高圧の過酷な条件下で活躍するグラファイト素材のパッキンを30年にわたり製造しているのが株式会社デジック。様々なサイズの金型を持つため、低価格・短納期での対応が可能で、多くの企業から信頼を得ている。また、シート状のグラファイトをローラーの内径に結合剤を使用せずに圧着させる技術を持つ。グラファイトは摩擦抵抗が少ないため、軸の回転を良くし、消音効果ももたらす。また通常、摺動を良くするために使われるグリスが不要になるため、メンテナンスが楽になるというメリットもある。
一方、自社のモノづくりのノウハウを蓄積した製造業向け生産管理システムを開発。多くの中小企業のモノづくりのサポートを行っている。

STADIに参加した想い
(代表取締役 上野 雅弘 氏)

展示会で顧客の声を聞いてみると、軸受けに対する興味が高く、パッキン以外のグラファイトの用途について関心を持っていることがわかりました。グラファイトは、耐熱・耐圧だけでなく、低摩擦抵抗、耐薬品性、熱伝導率の高さなど、多くの性能があり、まさに「ダイヤの原石」。これまで素材の研究は行ってきたものの、人手不足やノウハウのなさから、踏み込んで進めることができませんでした。今回の事業を通して、客観的な性能評価や特性分析を行うと共に、次の軸となる用途開発をしていきたいと考えています。

また、今回プロデューサーと取り組む手法を、もう一つの柱である生産管理システムのブランディングにも役立てていきたいと思っています。

代表取締役 上野 氏

企業基本情報

株式会社デジック

http://www.digic.org/

大阪府八尾市竹渕東1丁目209番地
TEL:06-6790-8585


TOPへ戻る